肌の老化はいつから始まる?老化しやすい肌の特徴について

肌の老化はいつから始まるか正確な年齢はありません。肌は体の健康状態と同じで老化スピードや肌環境は個人差があるのです。その理由は食べ物、運動習慣、睡眠時間などあらゆる要素がありますので、肌の老化は自分で判断することが大切といえるでしょう。

でも老化がはじまるタイミングを見過ごしてしまうと、必要なスキンケアができない恐れがあります。そこでいつまでも輝く若い肌を維持するためには、肌の老化がいつからはじまるか、そして老化サインを少しでも早く見つけることが大切です。気が付いたら顔がしわだらけなんてことにならないよう、予備知識を身につけておくと安心ですよ。

肌の老化が始まる年齢について

10代はニキビ、20代はふきでもの、そして30代を過ぎると徐々に肌の老化が心配になります。各世代で気になる肌のトラブルですが、肌の老化がいつからはじまるのかはきっと女性なら誰もが心配になることでしょう。

肌の老化が始まる時期は一般的に25歳以降といわれ、30代になると多くの方が肌の衰えを実感されています。目立たない小じわは20代ですでに気にする人も多く、老化が始まる年代から徐々に肌年齢に差が生まれているのです。では肌の老化がはじまる仕組みについて次の大きな要因についてみていきたいと思います。

コラーゲンの減少

肌の一番外側の層は表皮と呼ばれ肌の水分を保ち、外部刺激から肌を守る働きを担っています。この表皮の下にある真皮には肌のハリや弾力の素になるコラーゲン繊維があり下から持ち上げるように肌にハリをだしています。このコラーゲンの生成量は20歳がピークで徐々に減少し、そのためシワができやすくなっていくのです。

表皮の働きが低下する

肌の老化は加齢により表皮の水分保持力が低下することも原因。化粧水で潤いを与えてもすぐに水分が蒸発するため、しっとり感が長続きしないことがよくあるでしょう。

ターンオーバーの乱れ

年齢とともに肌の新陳代謝であるターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。すると肌に古い角質層が蓄積され肌のくすみや毛穴の汚れにつながることも。また古い角質層は肌の硬化を招き、厚い層で水分が奥まで浸透しにくい状況になるのです。

野菜不足になると肌の老化が進む!

食生活は肌の働き与える影響がとても多いため、美肌効果のある野菜はとくに摂取量に注意しないといけません。肉食が多い人は必然的に脂質が増えるので皮脂腺の働きが過敏になることがあるでしょう。

また野菜に含まれるビタミン類が不足すると皮膚の再生力が低下するのでトラブルから回復するまでの時間がかかってしまいます。野菜には肌の老化を抑制する次の働きがありますので、普段からできるだけたくさん食べるように意識しましょう。

細胞レベルから老化をストップする

抗酸化力がある野菜にはビタミン類が豊富で、生野菜に含まれる酵素は活性酸素を抑える抗酸化力が強い特徴があります。加齢や紫外線により体内で多く作られる活性酸素は、肌細胞の劣化を進めるものなので緑黄色野菜や海藻類、また豆類などもバランス摂取してください。

食物繊維で内部から綺麗にする

野菜に多く含まれる食物繊維はダイエットや健康にも欠かせないものです。胃腸の働きを活性化し脂質や糖質の吸収を抑え、肥満予防にもよいでしょう。胃腸器官が活発になると便秘の改善にもなりますので、ふきでものやにきびなどの肌トラブル予防にもメリット。

野菜中心の食生活は種類も大切ですが、大量に一度に食べるのではなく毎日少量ずつ続けるように心がけてください。お腹が空いた時にも野菜スティックなどをおやつ替わりにすると肌の老化予防に効果がありますよ。

紫外線対策をしないとシミやたるみが悪化

肌の老化はいつから始まるか個人差がありますが、そのスピードを遅らせたり早めるのは自分次第。肌に負担が多い紫外線対策をしっかりやっていない人はほかの人よりも老化が進みやすくなってしまいます。

紫外線はメラニン色素の働きを活発にするだけでなく、コラーゲンなどの美肌成分を破壊するので加齢とともに減少するところへさらにダメージを与えます。肌の老化の8割は紫外線が原因といわれていますので、若い20代も安心はしていられません。

紫外線を浴びると表皮細胞や肌の遺伝子を傷つけたるみやシワ、シミ、くすみが悪化。また最近ではスマホやパソコンのブルーライトも紫外線と同様に光老化を招くといわれていますので、いつも手放さずスマホを見ている人は注意しましょう。

紫外線による老化と自然な加齢による老化は肌に質が異なります。肌の見た目がごわつき、小じわが多い場合は紫外線により表皮の角質層の厚さが不均等になっているサイン。この場合は肌を回復させ老化を進めないためにも次のポイントを意識して紫外線対策をはじめましょう。

紫外線対策のポイント

  • 外出するときは日焼け止めを使う
  • 長時間屋外にいる場合はSPF30~50ほどの強い効果を選ぼう
  • 目から入る紫外線はサングラスでブロックする
  • 帽子や日傘を使いできるだけ紫外線を浴びない
  • 日陰を利用して外を歩く
  • 屋外に長くいた時は必ず肌の保湿をすること

保湿ケアを怠ると肌の老化がスピードアップ

肌の老化はいつからなのか、最初ははっきりと自覚できないことです。でも私は毎日お手入れをしているから大丈夫だと油断している人もいるでしょう。最近はライフスタイルの変化により肌環境が弱くなっているといわれています。乾燥による肌の老化が進みやすい人が増え、多くの場合で自覚していないことも問題なのです。

乾燥肌は粉をふくほどの状態にならなくても、すでに肌の内部で水分不足になっている可能性があります。水分量が減ると肌のバリア機能が低下するため、慢性的に炎症を起こす肌や化粧品の刺激に弱くなるなどの症状があります。また真皮層のコラーゲンが減少や劣化を起こし、肌のハリや潤いがないことも乾燥症状のひとつ。この状態では肌が常に刺激と戦っている環境なので細胞レベルから老化が進行しますよ。

そこで乾燥しやすい方は次の保湿方法を参考にして毎日のスキンケアを行ってください。

保湿対策のコツ

  • 乾燥がひどい場合は化粧水の後に植物性オイルをつける
  • 乾燥しやすい目の周りなどはシワができやすいのでアイクリームなどを使いダブル保湿する
  • 1か月以上使ってもしっとりしない場合は化粧品を変えよう
  • 強く肌をこする洗顔はしない
  • メイクをしていない時は洗顔料を使わずぬるま湯で洗顔する

血行不良は肌の老化をぐんと早める要因

血液の流れは体の健康を維持する以外にも美容にも様々な役割を持っています。肌に必要な栄養を運ぶ血液がしっかり循環しないと老化が進みやすく、とくに肌のくすみは血行不良が原因。この場合2種類のくすみがあり、貧血気味の人のように常に顔色が悪いタイプと肌のターンオーバーが乱れて角質が厚く残ってしまうパターンのくすみがあります。

顔色が悪いくすみは皮膚近くを流れる血液の色が濁ってしまうことで起こり、血行不良により血液中の酸素が少ないことが原因です。酸素不足の血液は本来鮮やかな赤色をしているのですが、濁った赤紫色になり肌の色が青白く見えるのです。

ターンオーバーの乱れは血行不良で栄養不足になり、皮膚の古い角質層が剥がれずに蓄積されてくすみがおこるもの。ターンオーバーは加齢とともに乱れるため、さらに血行不良で肌のトーンや透明感が失われてしまいます。肌の老化がいつからはじまるのか気になる時は、次の血行改善のコツを実践することをオススメします。

マッサージ

直接的に肌の血行を改善するものがマッサージ。クリームやオイルを使い優しくマッサージをしましょう。

入浴

湯船にじっくり浸かる入浴は全身の血液の循環を活発にしてくれます。緊張をほぐしリラックスするメリットもありますので、体の芯から温まるように入浴してください。

食生活

肌の血色が悪い人はしょうがやたまねぎなどの血液をサラサラにする食べ物がオススメ。また肉よりも青魚を積極的に食べて透明感をアップしましょう。

肌の老化がはじまるサインと対策について

肌の老化はある日突然シワができたりほうれい線ができるものではなく、徐々にエイジングサインが表れてきます。そのため初期段階で発見するのが難しく、老化が進行した状態でスキンケアをはじめても、なかなか期待するほどの効果が得られない場合もあります。

肌の老化はいつからはじまるのか正確な年齢は決まっていませんので、毎日の肌チェックが何よりもエイジングサインを見つける一番の方法になります。次のような気になる症状がある時は肌の老化が考えられますので、アンチエイジングを心がけて早めのお手入れをスタートしましょう。

ほうれい線がはっきりする

ほうれい線はシワでなく頬のたるみです。フェイスラインが引き締まらないと感じた時はコラーゲンが減少しているサインなので、日頃のスキンケアを見直してアンチエイジングの化粧品を使うとよいでしょう。

アイラインが書きにくい

アイラインの先端を何度もチェックしても、目元がたるんでいたら化粧品のせいにはできません。このエイジングサインが気になり始めた時は目元の集中保湿が必要。皮膚が薄く水分が逃げやすい部分なのでアイクリームなどを使ってしっかり潤いを補給しましょう。

毛穴が目立つ

肌の老化が始まると角質層のバランスが悪くなり毛穴のキメが悪化。すると毛穴の汚れが目立ちさらにたるみがプラスされると毛穴が縦長に開いてしまいます。優しい洗顔としっかり保湿をして毛穴ケアをはじめましょう。

コメントは受け付けていません。