肌断食は老ける原因?年齢肌にオススメのやり方と注意点

美肌マニアの間で話題になっている「肌断食」はすべての人に同じ効果があるわけではありません。とくに注意したい年齢肌は肌断食で老ける可能性もあり、逆効果になることも。肌断食に興味がある方は、正しく理解して自分の肌環境に合わせて行うことが大切です。

なにごともほどほどが重要、肌断食で老けるリスクを抑えながら上手に取り入れるコツをご紹介したいと思います。肌断食にはメリットとデメリットがありますので、慎重に判断しながら無理に続けることは避けてくださいね。

肌断食をする目的について

肌断食というのは通常の断食とおなじコンセプトで、肌へのお手入れを絶つことです。一定期間食事をしない断食と同様に、肌断食も一定期間スキンケアを行わず肌本来が持つ力を引き出すことが目的です。

やり方は色々ありますが、一般的に行われている肌断食は洗顔も水やぬるま湯だけにして一切化粧品を使わない方法です。これだけだとなにかと違和感がある人もいると思いますが、肌になにもつけないことにはメリット点がいくつかあります。

たとえばメイクの汚れによる毛穴の詰まり、洗顔料だけでは落とせない汚れは知らない間に蓄積されていくでしょう。肌断食でなにもつけない状態はこれらの汚れを取るデトックスの意味もあるのです。また化粧水や乳液などの基礎化粧品から受ける刺激がないため、肌が自然で自らの再生力を引き出すことができます。皮脂腺の働きが活発になり乾燥肌が改善される、敏感肌が治るなどあらゆる効果が実感できる可能性があります。

さらに肌断食の間は基礎化粧品が不要になるため、お金がかからないこともメリット。ぬるま湯で洗顔するだけなので朝の準備が楽になることも魅力ですね。普段疲れている肌をリセットしてあげること、これが肌断食の最大の目的。あらゆるダメージから回復すると肌本来の自然の美しさが取り戻せるのです。では一般的に行われている肌断食のやり方ポイントについてみていきましょう。

肌断食中の洗顔について

基本的には洗顔時に使うものはぬるま湯だけ。メイクをしている時は無添加石鹸を使いメイクを落とします。

基本的にノーメイク

肌断食中は基本的にメイクをしません。乾燥が気になる場合は香料などの添加物が入っていないワセリンを少量塗っておきます。

続ける期間

効果が表れる期間は個人差がありますが、早い人なら数週間、長い人だと1年以上かかることもあるでしょう。

肌断食のメリットについて

肌断食のメリットについてご説明したいと思います。毎日繰り返して行うスキンケア、洗顔石鹸にはじまり美容液やパックなどあらゆるものを使って肌に負担をかけています。すべて美肌のためにと思ってやっていることも、場合によっては逆効果になってしまうのです。肌断食が話題になっているのは美肌効果があるためで、メリットとしては次の点が挙げられます。

肌のコンディションが整いやすくなる

断食をするのはいつも働き続ける胃腸機能を休ませることが目的です。空腹で飢餓状態になると胃腸機能が高まり消化や吸収力がアップされることが効果のひとつ。これと同様に肌断食も肌の栄養補給を一切やめることで、肌が持つバリア機能や保湿作用を高める目的があります。
肌断食をすると肌のコンディションが整いやすくなりいつも健康で健やかになるといわれています。

乾燥しなくなる

肌には本来保湿機能が備わっていますので、化粧水などを使わなくても皮脂により自然に肌が潤っています。しかし化粧品の負担により皮脂腺の働きが不安定になると肌が乾燥しやすくなるのです。健康な肌は細胞間脂質で水分を蓄えていますので簡単に蒸発することはないでしょう。水分を外側から与えるケアではなく肌断食は肌が潤いを作る働きや維持する機能を高めてくれるのです。

ニキビなどのトラブル改善になる

肌断食をスタートした直後は一時的に肌環境が不安定になりニキビができやすくなります。これはデトックスしている状態で肌に残る毒素を綺麗にしているサイン。肌断食は皮脂線の働きを安定させるためニキビ肌の改善によいメリットがあります。

肌断食は紫外線対策ができないリスクがある

ぬるま湯で洗顔するだけの肌断食、過剰なスキンケアの手間がなくなるのはとてもありがたいことですが、デメリットとして注意したいことは紫外線対策です。日焼け止めクリームやUVカットの化粧品を使用しない肌は紫外線に無防備の状態で、そのままダメージを受けてしまいます。

肌断食で老ける理由となる紫外線ですが、大量に浴びてしまうとメラニン色素の働きが活発になりシミやくすみ原因になるでしょう。また体内では活性酸素が多く作られ体の細胞が劣化してしまいます。肌に紫外線が当たると様々なリスクを背負うため、とくに年齢肌には注意しないといけない点になるでしょう。

日焼け止めには紫外線吸収剤が配合されたものがありますが、この成分は肌に負担を与え乾燥やふきでものなどの原因になります。また敏感肌にとっては紫外線以上のリスクになることもあるため、基本的に肌断食では日焼け止めを使用しないことがルール。日焼け止めは合成界面活性剤や防腐剤などの添加物も多く含まれていますので、肌環境を乱し毛穴の汚れにもつながります。

そこで肌断食中に外出する場合は日焼け止め以外の次の方法で紫外線対策を行い、できるだけ日焼け止めを使わないことを意識してください。

肌断食中の紫外線対策のポイント

  • 日差しが強い時は日傘を使うこと
  • 長袖の服を着用する
  • つばの広い帽子をかぶる
  • サプリメントで日焼け止めする
  • 日陰を歩くように心がける

乾燥が進み肌が老ける可能性に注意しよう

肌断食で老ける最大の原因は乾燥するため。化粧水や乳液などのスキンケアをストップすると肌本来のうるおい機能である皮脂腺が活発になり、肌の乾燥予防を行います。しかし自然の働きが安定するまでには時間がかかりますので、肌断食をはじめた直後は肌荒れや乾燥が悪化する時期があります

いつもなら不足する水分を化粧水などで補うところ、肌にはなにもつけない状態。そうすると肌のバランスが崩れてしまい乾燥しやすくなります。これはスキンケアへの依存がなくなっているサインでもありますが、肌荒れなのか肌断食の効果なのか見極めるのは大変。肌断食ではこのような肌トラブルが開始直後に起こるのは想定内なのですが、良い方向に向かっているのかどうかは簡単はわかりませんよね。

最悪の場合、肌は負担を抱えたまま回復できないこともありますので、危険だと思った時には肌断食をすぐにストップする必要があります。とくに注意したい年齢肌は水分不足になるとハリやうるおい不足になり、肌の細胞レベルから働きが低下するでしょう。若い肌とは違い回復力も弱いため、肌断食で老ける可能性は大きいのです。

コラーゲン・セラミド不足に注意!

本来の肌断食では保湿ケアをしないことで肌本来のうるおい機能を高める目的があります。しかしコラーゲンやセラミドなどの保湿成分は年齢とともに生成量が減少しているため、肌断食で取り戻したくても成分自体が少なくそのまま不足する可能性があります。乾燥は年齢肌の大敵、急激なスキンケアの変化によりシワやたるみが一気に進んでしまうこともあります。

短期間では本来の効果が実感できない

肌断食でどのような効果を期待できるのか、それぞれの肌質や生活習慣によっても異なります。一時的な肌環境の変化なら多少我慢して肌断食を続けられるかもしれませんが、そのまま老けるような逆効果だけは避けたいですよね。

そもそも肌断食はターンオーバーの周期と関係があり早い人で1か月、最も多いのは3か月ぐらいで肌のかさつきなどが安定してきます。しかしこれはあくまでも目安の期間、肌の働きは睡眠時間や運動習慣、栄養バランスなどあらゆる要素が複合的に重なりますので、肌断食なのか肌荒れなのか判断できないまま継続する人もいます。

もし2週間たっても肌のかさつきがひどい場合は、肌断食の内容を見直し少しだけ化粧水を使うなどスキンケアをプラスすることも必要です。ずっとスキンケアで化粧品の効果に頼ってきた肌は、急激な肌断食にはついていけないこともあるでしょう。これではせっかく得られるはずの美肌効果もないため、肌のコンディションをきちんと判断して継続することが大切です。

いきなりスキンケアをやめるのではなく、クリームを使用せずに化粧水だけにするなど、肌のストレスを減らすために段階を踏んで肌断食を成功させることもコツです。

年齢肌にオススメのプチ肌断食のやり方

肌断食で老けるリスクを減らすためには、いくつかの注意点を守って安全に行ってください。とくに年齢肌はうるおい成分が加齢によりすでに少ない状態なので、何もつけないことにこだわると肌が老ける逆効果もあるでしょう。肌には基礎化粧品、メイク等などあらゆる負担がかかっていますので、リセットすることはアンチエイジングにも重要な点です。そこで肌断食で老けるリスクを抑えるオススメの方法をご紹介しましょう。

休日だけの肌断食

肌断食はできるだけ肌を自然な状態にしておくことがルールです。でも仕事や友達に会う時にノーメイクは困りますよね。そんな場合は休日だけの肌断食がオススメ。これなら肌に与える過剰な負担がなく適度なデトックス効果が期待できるでしょう。

夜だけの肌断食

すべての化粧品を一度に絶ってしまうと年齢肌は肌荒れや乾燥肌になる恐れがあります。オススメなのは夜だけの肌断食、日中は濃いメイクをせずクレンジングを使用しなくても大丈夫な状態にしておくこと。夜はぬるま湯洗顔だけで朝しっかりスキンケアする肌断食がよいでしょう。

普段から過剰なスキンケアをしないこと

肌断食は若い肌なら負担にも耐えられるかもしれませんが、年齢肌にはどうしても欠かせない保湿成分などがあります。肌本来の力を引き出すためには究極の肌断食ではなく、普段からスキンケアアイテムの数を減らすなどシンプルなお手入れを目指してはいかがでしょうか。徐々に肌をリセットしながら健康な美肌作りを意識することも大切です。

コメントは受け付けていません。