老け顔でも美人になるテクニック・彫の深い顔は要チェック!

老け顔でも美人ならいい、そんな願望を抱く女性は多いでしょう。見た目の印象は年齢を重ねるごとに気になる部分、老け顔は肌の状態や表情などあらゆることが要因になっています。

芸能人などを見るとかなりの年齢の女性でも肌が綺麗で若々しいイメージを与える人がいますよね。老け顔でも美人なら自信をもって生活ができるはず。そこで誰もが不安になる見た目の印象、とくに注意したいのが彫の深い顔立ちの人です。普通の顔よりも老けて見られるリスクが高い彫が深い人、原因と対策について詳しくご紹介したいと思います。

彫の深い顔は老けやすい理由について

二重瞼で顔のパーツひとつひとつにインパクトがある彫が深い顔立ちの人。若い時はハデ顔なんて呼ばれ視線を集めていたことでしょう。しかし年齢を重ねると薄い顔も彫の深い顔も老化症状がやってくるのはどうしても避けられない点です。とくに彫が深い顔は顔のパーツが目立つため、必然的に老化症状がわかりやすいデメリットがあります。

パッと見た時の印象、目が大きくてパッチリしている人と細い目の人だと、わかりやすい顔のほうに視線がいってしまいますよね。彫が深いと肌の老化が進みやすいということではありません。人に与える印象が目立ちやすいために老化症状がバレやすいということなのです。

年齢により私たちの顔の印象は変わっていきますが、一番肌が健康で綺麗に見える赤ちゃんの顔を思いだしてみましょう。顔の輪郭や肌の状態など、赤ちゃんから離れるごとに老け顔に見られやすくなります。彫が深い顔立ちの人は赤ちゃん顔からかけ離れやすく、そのため見た目年齢で損することもあるでしょう。次の顔の特徴がある方は老け顔が目立ちやすい可能性がありますよ。

老け顔が目立ちやすい人の特徴

  • 目の位置が高い
  • 面長の顔
  • 鼻筋がとおっている
  • 鼻が高い
  • 黒目が小さい
  • 大きい口
  • 顔の凹凸がはっきりしている
  • 目と目の間隔が近い
  • わし鼻

老け顔に見える人の特徴を知ろう

老け顔でも美人なら人に与える印象は変わりますよね。では世間的に老け顔といわれる人にはどんな共通点があると思いますか。見た目の印象はあらゆる要素が複合的に重なっているので、ひとつだけが老け顔になる理由ではありません。次の共通点を意識してこれから見た目年齢を若くする工夫をしましょう。

たるみ

ほうれい線、目のたるみなど全体的に下がり始めると疲れた表情に見えてしまいます。

シワ

シワは目尻など皮膚が薄いところからできはじめ、老化が進むと無表情でもはっきりシワがわかるようになります。

シミ

シミができると薄くするのは大変。ほくろのように濃いシミがある人は老け顔に見られやすいでしょう。

顔のパーツ

面長の人は丸顔よりも老け顔に見られる可能性があります。顔のパーツの位置は見た目の印象を左右するポイントになります。

髪の質

白髪をそのままにしている人、ツヤがない、頭皮が透けて見えるなど、髪の毛の状態も老け顔にする要因です。髪型を何十年も変えない人も老けた印象を与えるでしょう。

くすみ

肌のくすみは全体的な顔の印象を汚れて見せる原因です。隠すためにファンデーションを厚塗りするとさらに老け顔に見えるので要注意です。

メイク

メイク方法は年齢が分かるポイント。厚塗り、トレンドを意識しない昔の流行りのままなど、意識しないいつものメイクは老け顔の美人になるために見直す必要があります。

老け顔の美人になるためには保湿を徹底すること

老け顔でも美人になる方法や色々あります。人に与える印象や好感度をアップするためには、まず肌の状態を改善するとよいでしょう。最初に自分が老け顔に見える一番の原因を知り、そこから改善することがコツ、老化症状の目立つ部分を意識したスキンケアをはじめましょう。

アンチエイジングの化粧品は色々ありますが、彫の深い顔立ちもそうでない人も肌の若さを維持するためには保湿が基本です。老け顔から脱出して美人になるためには次の保湿ポイントを生かして毎日のスキンケアをはじめてください。

乾燥が老け顔を作る

保湿がなぜ大切か、理由を正しく理解しておくことが必要です。加齢に伴い肌の弾力が衰えてしまうのは表情筋の低下などが関係していますが保湿不足による乾燥も忘れてはいけません。肌の表面には角質層と呼ばれる外部の刺激から守る層があり、水分が十分に含まれていないと肌のハリ不足や紫外線のダメージをそのまま受けてしまいます。乾燥が進むとシワやたるみが悪化しターンオーバーも乱れ、スキンケアの効果が実感できにくい状態になってしまいます。

水分と油分を使う保湿

老け顔を美人にするためには化粧水だけの保湿では十分ではありません。年齢肌は保水力が弱いため化粧水を数時間ごとに塗りなおすほどこまめなお手入れが必要。その手間をなくすためには乳液やクリームでしっかり水分に蓋をしましょう。

浸透性が高いアンチエイジング化粧品を使う

アンチエイジング化粧品を使うメリットは働きが衰えている肌に合わせて浸透性が高いことが特徴です。角質層の奥から保湿するためにはアンチエイジング化粧品を使い効率的なスキンケアがオススメです。

老け顔はメイクの技で明るく見せよう

老け顔を美人にするためのコツとしてメイク技を習得することも必要です。一番の理想はすっぴんでも若く見られることですが、実際に肌の土台から若さを取り戻すのは難しいですよね。老け顔でも美人に見せる時に便利なのがメイクで「隠す」ことと若さを「作る」こと。実年齢よりも若くみせるメイクは次のコツをぜひ生かしマイナス5歳肌を目指しましょう。

弱点を隠す

シミやくすみなどの老化症状はしっかりカバーすること。コンシーラーを使う際はメイク用の細い筆を使うと密着度が高いのでしっかりシミやニキビ跡がカバーできます。

フェイスラインを引き締めるシェーディング

たるみ、むくみなどは老け顔の共通点。改善するためにはフェイスラインの引き締め効果があるシェーディングのテクニックを使いましょう。アゴのラインや頬のラインにいつものファンデーションよりもワントーン暗い色でぼかし、自然な影を作ってください。するとフェイスラインが引き締まり小顔効果もアップします。

まぶたのくすみ

目元は見た年齢を左右する大切なところ。くすみが目立ちやすい年齢肌はまぶたにコンシーラーを使いくすみをカバーしてから明るめのシャドーをつけましょう。

口角を引き上げる

老け顔は口角が下がっているため、コンシーラーで唇の口角の下をカバーしましょう。引き上げるように口角から明るくラインを引くだけで口元がきゅっと引き締まり若さがアップします。

老けないよう彫の深い顔立ちの人が意識すること

老け顔に見えやすい彫の深い顔立ちの人は、顔のパーツを変えることはできません。しかし諦めてしまう前にいくつか自分で改善できる点がありますので、老け顔でも美人に見えるアンチエイジングのポイントを覚えておくと安心ですよ。

派手なメイクはしない

年齢を重ねても彫の深い顔立ちはぱっとみた印象がハデに見えやすいため、できるだけメイクではシンプルを心がけましょう。とくにぱっちりした目元はアイラインやマスカラの使い過ぎに注意し、目元を強調しないことがポイント。チークを頬の真ん中に入れて丸顔に見えるインパクトをつけてください。

優しいファッションを意識する

彫の深い顔立ちの人は老け顔に見えやすいため、ファッションはセクシー系よりもふんわりした可愛い系など優しい印象を意識してください。パステルカラーなど明るい色をプラスすると若さがもっとアピールできるでしょう。

スキンケアのコツ

年齢肌は肌の土台からしっかりケアすることが必要です。顔の凹凸がはっきりしている彫の深い人は目元や口元など乾燥しやすく年齢がでやすい部分はしっかり保湿すること。目元専用の美容液などもオススメです。クレンジングと洗顔も優しく行い乾燥肌対策をきちんとやっておきましょう。

髪型

前髪があると年齢よりも若く見える効果があります。揃えて前髪を切る、もしくは斜め分けがオススメ。またストレートロングは面長をさらに強調しますので、セミロングでふんわりさせる、髪のツヤをもっとアップするなど髪質からも若さを意識すると効果的です。

コメントは受け付けていません。