肌の老化原因は紫外線だった!なるほどとうなずく対策方法

肌の老化は年齢だから仕方ないと諦めている方、老化の原因は年齢だけではありません。早い人なら30代からたるみやシワが目立つ人もいますし、50代過ぎても肌のツヤやハリがある人もいます。このように年齢だけで見た目年齢が変わってしまうことはありませんので、普段のスキンケアはとても重要であることがわかりますね。

そこですべての人に共通する老化原因のひとつ「紫外線」。しっかり対策を行う人はとても少なく、年齢以上に肌の老化を進める可能性もあります。肌の老化原因になる紫外線にはどのようなダメージがあるか、また今日からはじめるべき紫外線対策のコツについてご紹介したいと思います。

紫外線が肌の老化を早める理由について

肌で人の年齢が分かるとよくいわれますが、落とし穴になるのが肌の老化を進める紫外線の存在です。老化の8割は太陽光が原因になるともいわれ、老化を進めるあらゆるダメージが紫外線には隠されています。「光老化」と呼ばれる紫外線による肌の老化は海で日焼けして肌が赤く炎症を起こすことではなく、徐々に肌の奥に蓄積されていく深刻なダメージが問題なのです。

加齢による自然老化は肌のハリ低下が著しく起こることが特徴。肌のキメや角質層の厚さは正常のままですが、光老化は皮膚が硬化してシワやシミが増えてしまいます。肌のキメが粗くなり角質層の厚さも不均等、さらにメラノサイトの活動が活発で産出するメラニンが増加します。

このようなダメージを与える紫外線は太陽光に含まれるもののひとつで、UVC、UVB、UVAという異なる波長に分けることができます。光線は波長が長いほど皮膚の深層部まで到達する特徴があり、表皮に届くUVBはシミ、真皮まで届くUVAはシワの原因です。

アンチエイジングによい日焼け止めの選び方

日焼け止めを使うことは肌の老化を食い止めるために欠かせない点。しかし年齢肌になるとなんでもかんでも肌につけらないデリケートな肌環境に注意が必要です。そこで日焼け止めを選ぶ時に注意したい点をいくつかみていきましょう。

まず屋外で過ごす人はしっかり効果がある日焼け止めでないと不安ですよね。日焼け止めを見るとわかりますが、それぞれ紫外線の防御指数が記載されています。一般的なSPFはどれぐらいの時間で肌にダメージがかかるかという数値、数が大きいほど効果が高くなりますので屋外でスポーツをする人などは40や50などの高い数値を選ぶことをオススメします。日常生活内であればSPF30で十分でしょう。

アンチエイジングで使う場合には肌との相性がとても大切です。本来は窓際など室内にいても紫外線を浴びていますので、毎日年間を通じて日焼け止めを使うことが基本。肌に合わないタイプだと肌荒れや毛穴の汚れが悪化する場合もありますので、肌チェックしてから使いはじめることをオススメします。

肌の老化予防のための紫外線をブロックするテクニック

日焼け止めは汗で流れてしまうこともあり、夏は数時間おきに塗りなおすことが大切です。日焼け止めだけでは不安という方はさらにプラスの予防対策でしっかりブロックしていきましょう。オススメなのは次の3つ、毎日出かける時に用心してくださいね。

日傘や長袖の洋服

肌に直接塗る日焼け止め、肌のコンディションが悪いと使えない時もあるでしょう。そんな場合の対策としてオススメなのが長袖や日傘を使うことです。物理的に紫外線をブロックする方法で夏のように日差しが強い時にあると便利かもしれません。

サングラスを使う

目から入る紫外線はうっかり予防を忘れてしまいますが、網膜まで紫外線が達すると目にもダメージがあるため注意が必要です。帽子やサングラスを使い空気中に散乱している紫外線対策をしましょう。

果物と野菜を食べる

ビタミンは紫外線をブロックできませんが、肌のダメージを軽減する作用があります。皮膚の粘膜を強化するビタミンAメラニン色素を抑制するビタミンCなど影響補給で肌を健康に保つことも忘れずにおこないましょう。

紫外線を浴びた後のスキンケアでやるべきこと

うっかり紫外線を大量に浴びてしまった場合、アフターケアによって肌のダメージを減らすことが可能です。海で日焼けした後は髪の毛までごわつき、肌が乾燥したり赤く炎症を起こしてしまいます。このような紫外線によるダメージはもう手遅れかもしれませんが、アフターケアで肌の回復力を活性することができるのです。ではオススメの次の方法をご紹介しますので、これからぜひぜひ参考にしてください。

睡眠時間

紫外線をたっぷり浴びると肌はとても疲れてしまいます。肌の回復力を高めるためにはぐっすり眠ること。日焼けした夜は早く寝て肌環境を整え、肌も一緒に休めてください。

冷やす

紫外線を浴びると肌が火傷状態になりヒリヒリや赤みがひどくなりますので、無理しないことが大切です。痛みや腫れがあるときは冷たいタオルや保冷剤などを使い肌を冷やしてください。

低刺激の化粧品を使う

アルコール入りなどの刺激が強い化粧品はさらに肌に負担がかかります。肌の老化原因の紫外線を浴びた後は保湿が大切ですが、化粧水を使う時は低刺激や無添加化粧品を使いましょう。

洗顔は泡で優しくあらうこと

肌が炎症を起こしている可能性がありますので、ごしごし洗顔するとバリア機能がさらに低下します。しっかり泡立て摩擦をしないで洗顔、すすぎをしっかり行ってください。

ビタミン誘導体を使う

肌を回復させるためには浸透性の高いビタミン誘導体入りの化粧品がオススメです。

サプリメントで体のなかからも肌の老化対策!

肌の外側から紫外線対策をする以外にも、最近注目されている「飲む日焼け止め」もオススメです。飲む日焼け止めは体のなかから紫外線をブロックするサプリメントのこと、天然ポリフェノールやビタミンを配合したサプリメントは外出する前に飲み内側から紫外線予防をする方法です。色々なタイプのサプリメントがありますので、安全性をまずは確認して服用しやすいタイプを選びましょう。

粒が大きすぎるものや飲む錠剤数が多いタイプは手間になることも。なかには1日3回ほど服用が必要になるサプリメントもありますので、長時間外出する場合は1日1回タイプが簡単でオススメです。また日焼け止めサプリメントは海外製品も増えていますので、信頼できる販売元の商品であるかどうかもチェック。国産メーカーならカスタマーサービスもしっかりしているので問い合わせしたい時に安心です。

サプリメントは日焼け止めを意識したものだけでなく、肌のコンディションを整える美容系サプリメントを普段から服用することも肌を健康に維持するコツになります。なんでも習慣的に続けることがより一層効果を実感するコツになるでしょう。

コメントは受け付けていません。