40代と30代の肌の違いを知りお手入れ方法を変えるコツ

40代と30代は綺麗に歳を重ねるための大切なわかれ目です。とくにスキンケアは40代になってから肌環境に合わせて色々と見直すべき点があるので注意が必要。いつまでも30代と同じお手入れをしていると老化スピードに追い付けなくなることもあるでしょう。しかし肌の老化ははっきり見える症状が出るまで自覚できないこと。タイミングが悪いとアンチエイジングはうまくできない場合もあります。

そこで40代に突入する女性のみなさん、30代との肌の違いを理解して年齢に合わせたスキンケアをするためのコツについてご紹介したいと思います。40代になってから始めるべきこと、またやってはいけないことを見ていきましょう。

30代の肌の特徴について

30代はまだ若い、そんな意識を持っておくことはとても大切ですが気持だけ頑張ってもついてこないのが肌年齢です。30代になると「こんなとこにシミがあった?」なんて新たに発見する老化症状が次々にでてくるでしょう。20代は大人ニキビなど皮脂によるトラブルが多く発生しやすく生活習慣や食生活から受ける影響も多大です。30代は20代と比較すると肌が安定期にはいるものの、細胞レベルでの老化が徐々に進みますのでアンチエイジングをタイミング良く考える必要があります。

また30代はホルモンバランスが変化しやすいライフイベントも多く妊娠、出産、仕事のストレスなどで肌環境が乱れることもあるでしょう。基本的に40代と30代の肌の違いは肌の水分と皮脂バランスがあり、安定した状態を維持するためのスキンケアが30代には必要です。では30代の肌に起こる次のトラブルを意識して目的に合わせたスキンケアをしてください。

30代で起こる肌トラブル

  • たるみ毛穴
  • 肌のテカリ
  • 目の下のクマ
  • 乾燥
  • シミ
  • 大人ニキビ
  • 肌のキメが粗い
  • 肌のごわつき

40代の肌の特徴について

現実的な肌の曲がり角になる40代は、50代近くになると始まる更年期であらゆる肌トラブルが発生します。女性ホルモンの低下に伴い皮脂腺の働きが不安定になり肌の乾燥が目立つ症状はとても多く、しっかり保湿しないと肌の老化は一気にスピードアップするでしょう。

また肌のバリア機能が低下するため、外部の刺激に弱くなることも40代と30代の肌の違いです。ずっと同じ化粧品を使っているのに40代になったら肌がヒリヒリするという経験はありませんか。スキンケアではデリケートにお手入れすることが必要になりますので、30代から40代になる際はまず使用している化粧品の見直しをすることが大切です。

たとえ肌に刺激がなくても年齢肌は老化予防のために必要な美容成分を補うことが大切です。40代の肌には以下のような特徴がありますので、肌環境を理解して上手に対処してください。

40代の肌の特徴

  • 部分的に乾燥しやすくなる
  • 一晩で肌の疲れが取れない
  • たるみが目立つ
  • 表情によるシワが増える
  • くすみやシミが増える
  • 肌にあう化粧品が見つからない

加齢による細胞劣化を防ぐケアを始めよう

40代の肌トラブルの多くは加齢により細胞が劣化することが要因になっています。そのため40代からは抗酸化作用を意識したスキンケアをすることがコツ、シワやたるみが目立つのは細胞レベルからのアプローチが必要なのです。

アンチエイジング化粧品は色々種類がありますので、症状がはっきりわかるところからケアしてくことがコツ。たとえばシミが多い人は美白ケア、ほうれい線が目立つ人にはリフトアップケアなど。スキンケアで肌に与える抗酸化成分はコエンザイムQ10やアスタキサンチン、プラセンタ、ビタミンEなどがオススメです。

また老化を進める活性酸素を増やさない為に出かける時はかならず日焼け止めを使い、紫外線によるダメージをブロックしてください。紫外線はコラーゲンやセラミドなどの肌の弾力をつくる大切な美肌成分を破壊する威力があります。化粧品でいくら美容成分を補っても紫外線を浴びてしまったら効果が期待できないでしょう。日差しの強い季節はとくに注意して日陰を歩くなど心がけてくださいね。

浸透性のよい保湿ケアをしよう

40代と30代の肌の違いは水分量があります。保水力や吸水力が高い30代は肌の表面に化粧水をつけてもしっとり感はしばらく続くでしょう。しかし40代になると皮膚の浸透性が悪くなり化粧水をつけても、角質層内に届かず表面で蒸発してしまうこともあるのです。

化粧品は長く使っているものが肌との相性がよく使用感も満足できます。しかしそれだけはアンチエイジングがしっかりできないこともありますので、とくに肌の健康に大切な水分補給は浸透性を意識してください。毎日使用する化粧水はとくに保湿に与える効果が高く40代からはすっと肌に馴染むものがおすすめです。次のような化粧水は浸透性が悪い可能性があるので年齢肌に合わせたアンチエイジング化粧品に見直すチャンスになりますよ。

こんな化粧水は要注意!

  • 何度もパッティングしないとしっとりしない
  • すぐに肌がかさつく
  • メイクのノリが悪い
  • 乳液やクリームとの相性が悪い

40代になってやってはいけないスキンケア

30代にやっていたスキンケア、40代の肌にはそぐわないことも色々でてきます。そこで40代になったらやってはいけないスキンケア習慣についてみていきましょう。

洗浄力の強い洗顔

皮脂線の働きが40代よりも活発な30代はさっぱり洗顔して汚れを落としたくなりますよね。洗浄力が強い洗顔料やクレンジング剤を使い毛穴のなかからしっかり汚れを取る習慣は若い肌だからできることです。

40代になると肌のバリア機能が弱くなるのでスキンケアの刺激は注意が必要です。とくに洗顔は皮脂までも洗い流してしまうので乾燥肌の原因になることも。40代からは保湿成分が含まれている低刺激の洗顔料を使い泡洗顔を毎日続けましょう。乾燥肌はぬるま湯洗顔だけでもOKですよ。

いつも同じケアではダメ

気候や気温により肌の働きは変化しています。40代は外的要素で肌の老化スピードが進みやすいため、スキンケアは季節ごとに変えるなど、肌環境をきちんと把握してから判断してください。いつでも同じ化粧品で同じお手入れ方法をすることは40代以降は注意が必要です。朝と夜のスキンケアを変えてアプローチするなど、肌の変化や状態を常にチェックして肌環境に合わせたお手入れをすることが重要です。

また40代以降はスキンケアと同時に食事や生活習慣なども考慮して肌によい生活を送りましょう。

コメントは受け付けていません。