ストレスで顔が老ける?知らないと怖い原因と対策

ストレスを抱えると顔が老けるということをご存じですか。不安や悩み事があると必然的に表情が暗くなってしまい、人に与える印象が悪くなるのはなんとなく想像できるでしょう。さらにストレスにより肌の働きまで老化が進んでしまうのです。

私たちの肌の老化は20代後半からすでにスタートするともいわれていますので、年齢肌が気になる年代になったらストレスケアもアンチエイジングの一部として取り組まないといけません。肌はあらゆることから影響受けるため、スキンケアの効果をより実感するためにもストレスのないリラックスした快適な生活が美肌にも重要なのです。

そこで早速ですが、ストレスで顔が老ける原因と対策についてご紹介したいと思います。

ストレスで睡眠不足に・肌の働きが悪くなる第一歩

ストレスで顔が老ける原因はまず最初に睡眠への悪影響が考えられます。仕事のストレス、人間関係の悩みなどを抱えていると布団に入ってからもつい考えごとをしてしまいますよね。

ストレスが多いと交感神経が優位になり、脳が興奮状態のままです。体が疲れていてもなかなか寝付けない、夜中に目が覚めてしまうなんてことはありませんか。睡眠時間が少ないことは自覚できても睡眠の質が悪いのは体に不調が起こるまでわからないこともあるでしょう。そんな睡眠の質の低下は肌にもトラブルになって表れています。

ストレスによる睡眠不足を解消するために今日からできることは寝る前の準備です。スマホやテレビなどの明るい画面を直前まで見ていると脳内が刺激されてなかなか眠気がやってきません。寝る1時間前になったら部屋は必ず暗くすること。静かなヒーリング音楽や読書をするなど、静かに寝る前の時間を過ごしてください。

入浴も美肌には大変効果がありますが、寝る直前だと脳が刺激されたままなので2時間前には入浴を済ませておくこと。また運動不足の方は日中にウォーキングやストレッチなどで体を適度に疲労させておくことも快眠のコツになります。朝すっきり目を覚ますことで自律神経の働きが安定し抗ストレス力も高くなりますよ。睡眠不足による肌のトラブルには次のようなことが挙げられます。

睡眠不足が原因の肌トラブル

  • 乾燥
  • シワ
  • たるみ
  • ハリ不足
  • くすみ
  • クマ

ストレスで歯を食いしばる習慣が老け顔に!

ストレスで顔が老ける原因は無意識にやってしまう食いしばる癖。自分ではまったく覚えがないかもしれませんが、嫌なことを考えている時って自然と顎や頬の下の筋肉が緊張して硬くなってしまいます。食いしばる習慣があるのは仕事をしている女性にも多く共通し、顔の側頭筋(そくとうきん)や咬筋(こうきん)と呼ばれる部分が緊張した状態が続いています。

これらの筋肉は頬骨のまわりに多く、ストレスで硬直すると顔の筋肉が内側から外側に向かって引っ張られてしまい、たるみが目立つようになるのです。ほうれい線が急に深くなったという場合もストレスで歯をくいしばることが原因かもしれません。顔の筋肉の一部だけ力が入ってしまうと最悪の場合、エラが張り顔が四角くアンバランスなサイズになることもあるでしょう。

こんな食いしばりによるストレス顔を解消するためには、表情筋をマッサージしてリラックスさせることが大切です。とくに顔の外側は硬直しやすい筋肉が集まっていますので、入浴時など血液の流れが良い時に筋肉を意識してマッサージしましょう。柔軟になると血液やリンパの流れが活発になり肌のハリやシワ予防にもメリットがあります。

普段口を閉じている時は上あごに舌がついた状態、歯を食いしばる習慣がある人は歯形が舌に残ることが特徴です。ストレスで顔が老けることは健康面にも悪影響になる場合があるため注意しましょう。以下の点に心当たりがある人はストレスで表情筋が硬直している可能性があります。

ストレスによる表情筋硬直のサイン

  • 猫背になる
  • いびきをかいてしまう
  • 偏頭痛がある
  • めまい
  • アレルギー症状がある
  • 歯並びが悪い

ストレスホルモンが増え肌の老化スピードが早まる

ストレスで顔が老けるのはストレスホルモンの「コルチゾール」が増えることが理由のひとつです。コルチゾールは過剰に生成されなければ健康にあらゆるメリットをもたらすホルモン。しかし長期的にストレスを抱えてしまうと体のなかで炎症を起こす作用があります。肌の老化以外にも深刻なトラブルを招くものなのでストレス対策は元気に生活するために重要なのです。

ストレスホルモンのコルチゾールが増えると次のような悪影響が起こるので注意しましょう。

代謝が悪くなる

コルチゾールが過剰に増えると代謝量が低下して脂肪を蓄える働きがあります。なかなかダイエットしても効果が得られない場合は、普段の生活でストレスを抱えているサインかもしれませんね。このような場合は体に負担がかかりすぎるダイエットを見直してストレッチやヨガなど快適なリラックス運動をすることもオススメです。

肌荒れ

ストレスを抱える女性の半分以上が乾燥肌であるという統計があるように、ストレスで顔が老けるのは多くの人が実感しているようです。ストレスホルモンのコルチゾールは過剰分泌されると肌に大切なセラミドを分解する働きがあります。セラミドは肌の角質層に潤いをしっかり保持する役目を持っていますので、コルチゾールにより肌の乾燥が進んでしまうのです。

ストレスだらけの毎日を過ごす方はセラミドを中心にスキンケアでしっかり保湿対策をするとよいでしょう。

表情筋の働きが低下してたるみが進む

ストレスを抱えると表情がいつも同じく固定され表情筋の働きが低下してしまいます。現代社会はあちこちストレス原因があるため、毎日悩み事なく快適に暮らすのは難しいでしょう。ストレスはメンタル面からさらに健康や美肌などあらゆる点でダメージを与えていきます。とても大切な顔の印象は人間関係にも影響を与え、ストレスを抱えている人は第一印象で損することもあるかもしれません。

表情は言葉を使わない喜怒哀楽の表現方法、いつも悲しい顔や怒っている表情だと周囲もマイナス的な空気になってしまいます。とくに目や口など動きが多い部分は表情筋も多くあり、骨と皮膚につながっています。何種類かの筋肉が相互に働くことでその時に感じる気持ちを表情としてアピールしています。

本来はこのような流れで顔の筋肉が使われるのですが、ストレスを抱えていると筋肉が緊張して表情がこわばってしまうのです。笑ったつもりでも作り笑いに見られたり、目が怒っているように見えることもあるでしょう。さらにストレスで表情筋の働きが低下するとたるみが進行しほうれい線の溝が深くなることも。

人に与える印象を若くするためには自然な表情はとても大切です。笑ったり話をするときはあらゆる表情筋を使っていますので、ストレスを抱えている人はできるだけ表情豊かに生活してみましょう。

嫌なことがあったら鏡の自分に向かってにっこり微笑むことも大切です。

目尻や眉間のシワで老けてしまう

いつも怒っているように見える人の特徴は眉間のシワや口角が曲がっていることなどが挙げられます。このような症状もストレスで顔が老けることのひとつ。たとえば仕事中、気の合わない上司や同僚と無理に付き合って笑顔を作っていると、1人になったときにストレスが爆発して眉間にシワを寄せてイライラしてしまいます。

また不満だらけの生活が続くと自然と口元がへの字になってしまい、ほうれい線がさらに悪化してしまうでしょう。目尻も同様にストレスを感じている時は目つきが怖くなり同じ表情が続いてしまいます。怖いことはこんな習慣がずっと続いていることを自覚してない点なのです。

目尻や眉間のシワが深くなると改善するのは大変。毎朝鏡の前でメイクをしてもストレスが多い人は肌の状態まで意識する心の余裕がありません。眉間や目尻のシワが気になるようになったらストレスが増えている可能性がありますので、常にだれかに見られていることを意識して生活するのもよいでしょう。

目尻と眉間のシワは表情のリラックスのためにも、目を大きく開けたり閉じたりして周辺の筋肉を鍛えることも方法です。また夜のスキンケアでは目の周辺に蒸しタオルを置いて血液の流れを改善し、肌の透明感をアップして明るい表情作りを意識してみましょう。

血流の悪化で肌のトーンが悪くなる

ストレスを感じると自律神経の働きが悪くなり交感神経が優位になってしまいます。すると血管の収縮が起こり血液の流れが全身に渡り悪くなってしまいます。頭や顔など体の先端部分は血液の流れが悪くなりやすいため、ストレスを抱えるとさらにデメリットに。顔の血行不良は肌のくすみや肌のトーンが悪くなる原因なので、必然的にメイクでごまかすことにもつながるでしょう。

肌のくすみは老けて見える原因、さらに頭部にも血液が十分に届かないと白髪が増える要因にもつながるため、第一印象で実年齢よりも老けて見られてしまいます。血流を活発にするためには入浴や運動で全身の血行改善をしましょう。またスキンケアでは顔のマッサージをプラスして普段から血色のよい肌を維持することが大切です。年齢肌のマッサージでは次のポイントを意識して血液の流れを循環にしてください。

蒸しタオルを使う

肌の温度が低い状態だと毛穴もつまったままで古い角質や皮脂などの汚れが綺麗にとれません。蒸しタオルで顔全体を5分ほど温めからマッサージしましょう。

オイルやクリームを使うこと

マッサージするときは専用のクリームやオイルを使って肌をごしごしこすらないように優しくマッサージしてください。力を入れすぎると肌のバリア機能まで破壊し乾燥が進みやすくなります。入浴中や入浴後などの肌は、水分を吸収しやすく血液の流れも良いのでスキンケアするには最高のタイミングです。

コメントは受け付けていません。