40代になり肌の老化のせいか?ほうれい線が深くなり困っています!

授業参観に行くと私だけほうれい線がひどく目立つ気がします。40代のスキンケアでできるほうれい線対策はありますか?

40代の肌はお手入れ次第で老化スピードがかなり変わってしまいます。その理由はバリア機能が低下しさらに表情筋の働きも弱くなるため。ほうれい線はそのままにしておくとどんどんたるみとともに深くなりますので、今日からリフトアップをはじめてください。

やり方は顔の筋トレやリフトアップ美容成分を使うスキンケアがオススメです。とくにスキンケアでは保湿をしっかり行いハリを出すことがほうれい線を目立たなくするコツになりますよ。浸透性の高いコラーゲンやセラミドなどが年齢肌にオススメです。

ほうれい線を悪化させないマッサージのコツについて

40代になると肌の悩みで激増するのがほうれい線です。たるみが目立ちフェイスラインまでゆがみ始めるとメイクで若さをアピールすることすら難しいでしょう。ほうれい線にはマッサージがとても効果的といわれていますが、自己流に間違って続けてしまうと逆効果になることを御存じですか。

テレビで紹介されるマッサージ方法など、最近はアンチエイジングとして必要不可欠なほうれい線対策。見た目年齢を決定するほどの肌の特徴になっていますので上手にケアをして改善することが大切です。そこでご紹介したいことがほうれい線を悪化させないマッサージについて。注意したいことやほうれい線によいマッサージのコツについて詳しくご説明していきましょう。

ほうれい線はたるみかシワかどっち?

40代になるとほうれい線がひどくなり見た目の印象も大きく変わってしまいます。頬に影を残すほどはっきり線が出来上がるとスキンケアやメイクなど、あらゆる角度からお手入れをしないと実年齢よりも老けてみられてしまいます。この厄介なほうれい線ですが、シワだと認識している方も多いようですね。

ほうれい線は目尻や口元にできるシワではなく、肌のたるみが原因です。重力の関係で立っている時のほうがほうれい線が目立ち、寝ている姿勢だとさほど目立たないことがあるでしょう。

加齢とともに進むほうれい線、実ははじまりは20代で小鼻の横に影ができ始めるころから徐々にたるみがスタートしています。一番効果的なケアをするためには、人よりも早くほうれい線を見つけて正しいケアをすること。またほうれい線の原因を突き止めて改善できることも積極的に取り組みましょう。ほうれい線の原因として考えられる次の要因を知りスキンケアにも生かしてください。

乾燥肌

あらゆるトラブル原因になる乾燥、ほうれい線にも同様に悪影響を与えています。肌が乾燥すると表面が硬化し細かいシワができやすくなります。ほうれい線はたるみですが、このような細かいシワが長くつながることでさらにほうれい線ができやすくなる環境があります。また乾燥すると肌の弾力成分が不足するため、下から持ち上げる力が不足したるみが起こりやすくなっています。

表情筋の低下

加齢とともに低下する筋肉量、ボディだけでなく顔にある表情筋にも共通して起こります。肌をしっかり引き上げる力が弱くなり、重力とともに下に引っ張られるように下がってしまうことが原因です。

ほうれい線を悪化させる間違ったケアに注意して!

ほうれい線には肌の弾力やハリを回復するケアがとても効果があるといわれていますが、間違ったケアを続けていると逆効果になりほうれい線が消えるどころか、かえって深く刻まれてしまいます。アンチエイジングに良いと信じていることもすべてやり方次第。そこで注意したいほうれい線の間違ったケアについてみていきたいと思います。

力の入れすぎ

肌のマッサージはつい力を入れてゴシゴシやってしまうことがありませんか。皮膚を引っ張る力が強いと皮膚自体が伸びてしまい、さらにたるみを進行させる原因になります。年齢とともに皮膚は弾力を失いさらに表情筋の働きの低下で脂肪の重みがたるみを作る原因になります。マッサージの際は皮膚を伸ばさないようにやさしくすることがコツです。

美顔器の使い過ぎ

スチームやイオンなど美顔器はとても便利に美肌ケアができるツールです。しかし使い方を間違ってしまうと肌に負担がかかり老化が進行する可能性も。ほうれい線には肌のリフトアップ効果が高い美顔器がオススメですが、使用頻度に注意しないと逆効果になる場合もあるのです。

また美顔器以外にも肌を引っ張るテープやバンドなどのアイデア商品も人気がありますが、これらの商品はアイプチで二重瞼を作るようにやりすぎると皮膚が伸びてしまうのでご注意ください。

むくみを意識しすぎるケア

むくみでほうれい線の溝が深くなることがあります。またむくみはフェイスラインにも影響を与えるものなのでむくみ解消のマッサージは有効的といえるでしょう。しかしこの場合強い力でリンパを刺激すると負担がかかり逆に老廃物の流れが悪くなることも考えられます。余った老廃物が部分的に蓄積されてしまうとさらにほうれい線の部分が目立ってしまうでしょう。

プレマッサージでほうれい線を撃退しよう

いきなり肌のマッサージをするよりも、下準備をしたほうが効果が得られやすくなります。体内の老廃物を運ぶリンパの流れを活性化してターンオーバーを安定させることはほうれい線対策にメリットがあります。リンパマッサージをする前にやっておきたいことがプレマッサージ。全部で5ステップありますのでマッサージの下準備としてやっておきましょう。

プレマッサージのやり方

  1. 鎖骨の詰まりをほぐす
    首を軽く曲げた状態で左の鎖骨の上を軽くマッサージ。うなずく姿勢、首を振るなど鎖骨の動きに合わせてマッサージしてください。
  2. 大胸筋をリラックスさせる
    呼吸の効果を得るために大胸筋のコリをほぐしておきます。手のひらでグーを作り斜めに上下させて大胸筋をマッサージ。一か所につき10往復ほどが目安です。
  3. 首のコリをほぐす
    首を左右をゆっくり振り首の後ろ側に指をあててツボを押すように下から上にマッサージしておきましょう。
  4. たるみを改善する側頭筋のマッサージ
    まず両耳をつかみ外側に10回軽く回してください。その次はほうれい線にも影響がある側頭筋の柔軟体操です。側頭部にグーを置いて外側に向かうように円を描き10回回してください。上から順番にやるとコリがほぐれやすくなります。
  5. 全体のリンパを流す
    プレマッサージの最後は額から鎖骨までリンパを流すマッサージです。頭頂部から後頭部へ行き最後に鎖骨の内側部分まで一気に降りてくるようにマッサージ。リンパの流れを改善しておくと肌のマッサージ効果はぐんとアップします。

ツボ押しで肌の血行を改善すること

若さを取り戻す効果があるのがツボ押しでほうれい線を目立たなくする方法です。ツボの刺激は基本的に血液の流れを循環にする効果がありますので、加齢とともに栄養不足になる肌はツボ押しでリフトアップしましょう。では次のオススメのツボを早速刺激してスキンケアにも生かしてください。

巨りょう(こりょう)

巨りょう(こりょう)

小鼻のワキと黒目のまっすぐ下の交差する部分にあるツボ。このツボは頬の筋肉を刺激し筋力アップに効果があります。また肌にハリを出す作用もあるためほうれい線を目立たなくする効果が期待できるでしょう。

地倉(ちそう)

地倉(ちそう)

口の両端にあるツボ、ほうれい線を下に引き伸ばした時に交差する部分です。このツボは顔のむくみ予防、口元の筋肉を柔軟にする効果があります。さらに胃腸の働きも刺激するためダイエットにもよいといわれています。

下関(げかん)

下関(げかん)

耳の穴の前。口を開けた時に動く骨の部分です。血行促進、ターンオーバーを活性化し小顔効果も期待できるでしょう。

真皮層に弾力を増やし肌のハリを立て直すこと

ほうれい線対策は真皮層を元気にして内側から持ち上げるようにハリを回復させることがコツです。オススメのほうれい線のマッサージ方法、次のポイントをおさえて早速トライしてください。

頬の凝った筋肉をほぐす

口を半開きにした状態で頬骨に沿ってマッサージをします。手をグーにしたら下から10回外回しで円を描き上に移動。この際に首や肩に力が入りすぎないように注意して行ってください。

口輪筋で鼻の下を引き締める

口元は年齢がわかりやすい部分、口輪筋が弱くなるとほうれい線が目立ち口元もすっきりみえなくなります。マッサージ方法ですが指を2本使い鼻の下の筋肉を上下するように刺激します。10回ほど続けて小刻みにマッサージすることがコツです。この筋肉がほぐれるとほうれい線が目立たなくなりますよ。

頬のコリをほぐす

人差し指でほうれい線を横に広げるようにスライドしてください。内側から外側に向かい10往復、骨をほぐすようなイメージでやるとほうれい線改善に効果を得やすくなります。

肌の老化でハリがなくて全体的に目立つ毛穴が悩みです!

コメントは受け付けていません。