40代を過ぎてから肌の老化に化粧品の効果が追いつけません!


42歳の主婦です。40代を過ぎてからいつも使っている基礎化粧品の効果があまり実感できなくなりました。これでは老化対策が追い付いていない感じ。こんな時はどんな化粧品にしたらいいでしょうか?

40代過ぎは肌の働きが急激に低下する年齢なので、化粧品との相性が変わってしまうことが良くあります。肌質がデリケートになり今までの化粧品が刺激に変わってしまう場合、または肌の働きに化粧品の成分が合わないなど色々な原因があります。

40代過ぎはアンチエイジングケアにシフトして肌の奥からきちんとケアをしましょう。オススメしたいのは浸透性の高い保湿化粧品。アンチエイジング用の基礎化粧品が安心ですよ。

40代を過ぎてからの基礎化粧品・選ぶ時にチェックする項目

40代は女性ホルモンの分泌も急激に減り肌にはあらゆる老化症状を感じはじめる時です。急激に老けたように見える心配は女性にとってストレスにもなりますよね。よく聞かれるのが40代を過ぎてから今までの基礎化粧品では老化対策ができないという悩み。

ずっと同じステップで続けたスキンケアがなにか物足りなく感じてきます。それは肌の細胞レベルから老化が進んでいるためで、スピードを遅らせるためには肌環境に合わせた基礎化粧品に変えることが必要です。

肌の老化スピードは個人差がありますが40代に突入するとどの人にもアンチエイジングは欠かせないことです。そこで基礎化粧品を変える際になにを注意すべきか、40代からの老化対策に必要な選び方のポイントをご紹介します。

肌の老化対策には保湿成分が配合された化粧品を使うこと

化粧品がしっくりこないと感じるのはどんな時ですか?40代を過ぎるとあらゆる肌の老化原因があり複合的に重なりスキンケアでアプローチする点が大事になります。たとえば化粧水をつけても肌がしっとりしない、朝洗顔時の肌の感触が違う、シミが増えたなど肌の働きが低下しているサインは基礎化粧品をアンチエイジングにシフトするべきタイミングです。

その際にまず意識したいことが保湿成分。肌の乾燥は紫外線のダメージを受けやすくしてターンオーバーを乱す原因になります。コラーゲンやヒアルロン酸などの量が激減する40代、20代の頃と比較すると半分程度まで減っている場合も。そこでスキンケアで最も大切な保湿は基礎化粧品に含まれる成分を見極めることが重要なポイントです。

水分を与えるだけでなく潤いを長時間維持すること。なぜなら40代の肌は保水力も吸水力も低下しているため、働きに合わせた保湿成分が必要なのです。乾燥によるターンオーバーの低下は古い角質層が皮膚表面に残る原因です。本来なら新しい角質層に生まれかわりシミやくすみ改善にも働きかけてくれるのですが、古い角質が残っていると老化症状が進む原因。肌のごわつき、かさつきが気になる場合は以下の保湿成分を意識して選びましょう。

おすすめの保湿成分

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • エラスチン

抗酸化成分は肌の細胞を活性化するもの

アンチエイジングケアを始める年齢は決まりがありませんので、自分で判断してタイミングよくスタートしないといけません。40代は肌の働きが低下しスキンケアだけでなく、生活習慣からも老化を進める理由があちこちにあります。そのため30代から使用していた基礎化粧品では肌の働きにあわない可能性がありますので、なんとなく満足できない時にはアンチエイジング用にシフトしてみましょう。

その際にチェックしたいことは配合されている抗酸化成分です。活性酸素は食べ物をエネルギーに変換するときや運動中に、自然と体内で作られるもので不安定なことが特徴。喫煙、公害、紫外線などの環境要因から活性酸素が増えることもあり、細胞のダメージを引き起こすものなのでアンチエイジングにとって注意すべき存在です。

抗酸化成分は活性酸素の発生を抑制するもの。活性酸素による酸化ストレスは肌の老化以外にも糖尿病や高血圧などの生活習慣病、アルツハイマー病、目の疾患などあらゆる病気の要因とも考えられています。活性酸素は肌でも悪さをするのでシミやシワ、たるみなどの老化症状をスピードアップさせてしまいます。この症状を抑制するためには、抗酸化成分を基礎化粧品で肌に与え目立つ老化サインを改善するアンチエイジングケアが必要。基礎化粧品を選ぶ際には次の抗酸化成分が含まれたものがオススメです。

代表的な抗酸化成分

  • ビタミンE
  • ポリフェノール
  • ビタミンC
  • アスタキサンチン
  • アントシアニン
  • ルテイン
  • コエンザイムQ10

忙しい人にはオールインワン化粧品が肌の老化対策にオススメ

40代女性のライフスタイルは子育て、仕事、家事と一日があっという間です。忙しい時間のなかでスキンケアをゆっくりやりたくてもできない環境があるでしょう。しかし手を抜いてしまうと肌の老化が進行しさらに疲れた肌はストレス原因になってしまいます。そんな40代の基礎化粧品選びのアイデアとして考えたいことがオールインワン化粧品です。

以前はオールインワン化粧品というとなにか物足りなさを感じる点が多く、結局ほかの化粧品と併用して使うことが多かったですよね。しかし近年グレードアップしているオールインワン化粧品は、時間がない年齢肌にとっても効率的なアンチエイジングができるアイテムになっています。たったひとつで化粧水、乳液、クリーム、美容液などスキンケアのステップが省け忙しい朝の準備も楽になります。

また配合されている美容成分の種類が豊富で、乾燥対策、美白ケアなど目的に合わせて選ぶこともできます。年齢肌は外部の刺激に大変弱くなっていますのでスキンケアの際の摩擦の回数にも注意が必要。何度もパッティングや肌をこするケアを続けるとバリア機能が低下しさらにデリケートになってしまいます。その点を考えてもオールインワン化粧品は摩擦回数が少ないため、年齢肌を優しくケアするためにもオススメです。

悩みにターゲットをおいた化粧品を選ぶ

40代からの肌にはあらゆる変化が訪れます。目立たないシワが深くなりはじめ肌のくすみも一層気になるようになるでしょう。今までの基礎化粧品だと老化がどんどん進んでしまうという場合は、肌の悩みにターゲットを置いてケアすることも方法です。アンチエイジング化粧品で人気がある次のタイプから、自分の悩みに一番あったものを選んでみましょう。

ハリと保湿

肌のハリ不足はたるみ原因になり乾燥が進むと皮膚の薄い目の周辺をはじめシワが目立ち始めます。季節に関係なく保湿は年齢肌のコンディションを整えるために重要な点になりますので、40代に突入して基礎化粧品を見直したいと思った時にハリと保湿専用に変えてみましょう。

美白化粧品

シミや肌のくすみを消すために間違ってしまうのがファンデーションの色選び。コンシーラーで目立つシミを隠しても逆に肌のトーンがまだらになってしまうこともあるでしょう。美白化粧品は美白有効成分のハイドロキノンやトラネキサム酸などが配合されていますので、肌の透明感やトーンをアップしたい時にオススメです。

毛穴ケア

肌のたるみが悪化する40代、ほうれい線などの目立つ老化症状とともに起こるのが毛穴の開きと汚れです。下に引っ張られるように開く毛穴、引き締めるためにはリフトアップ化粧品が人気。また毛穴の汚れになる過剰な皮脂をコントロールする作用もあり、肌のバリアを安定させてくれます。

パッチテストは忘れずに・刺激のない化粧品を使う理由とは

年齢肌はバリア機能の低下、美肌成分量の減少などによりとてもデリケートになっています。そのため基礎化粧品を変える際は慎重に肌との相性を確認して刺激がないものを選んでください。パッチテストは必要不可欠、通販で購入する化粧品なら返金保証があるブランドなどもよいでしょう。

パッチテストは二の腕の内側、柔らかいところにつけて24時間~48時間ほど放置して反応をチェックしてください。女性の肌は生理前後にホルモンの働きで不安定になりますので、化粧品を変える時は体調や肌のバランスが一番良いタイミングで行ってくださいね。

化粧品には肌の刺激になる添加物が多く使用されています。これらの刺激成分は肌の乾燥を招きバリア機能を破壊するリスクがありますので、肌が丈夫な人でもなるべくダメージを最小限に抑えるために無添加化粧品を使うことをオススメします。

ブランドにはこだわらないこと

化粧品選びの際に多くの方はまずブランドを意識すると思います。テレビCMで見たから、口コミで人気があるからなど判断基準があるでしょう。アンチエイジングは自分の肌質や肌環境に合わせてゴールを目指すものです。人の意見では判断できないことが色々ありますので、選ぶ際はブランド名にこだわらずあらゆる種類を比較してみましょう。

またコスト面も40代以降は重要なポイントになりますので、高級すぎる化粧品で毎月出費が心配になるのも困ります。定期購入の割引制度があるシリーズや予算内で続けられる基礎化粧品を選ぶことも忘れずに。化粧品メーカーのこだわりも意識して探すと自分が求めている基礎化粧品を見つけやすくなります。

40歳になってから肌が急に老化して不安です!どうしたらいいですか?

コメントは受け付けていません。