女性の肌が老ける原因と対策・若さをキープするためにできること

肌の老化は女性の悩み、いつまでも肌のツヤやハリがあり、若さたっぷりで生活したいと思うのは皆さん同じ気持ちでしょう。顔は皮膚が露出する部分であらゆる負担がかかりやすいところです。そのため老化するスピードを実感しやすく、なによりも第一印象で人に与える印象を左右してしまいます。

いつまでも若い肌を維持するためには老化原因を知り、スキンケアのターゲットを定めることが効果を実感しやすくなるコツ。なんとなく肌の疲れを感じやすくなった、老化が始まったのかも?と不安になっている皆さん。女性の肌が老ける原因と対策について、知っておくべき大切なことをご説明したいと思います。

毎日浴びる紫外線で肌の老化が進む

8割ほどの肌の老化原因ともいわれる「紫外線」は若い時はさほど気にせず、肌を焼いてこんがり小麦色を目指しした経験がある方は多いと思います。今は美白ブームで紫外線は肌に良くないとなんとなく知っていても、どこまで危険なのか詳しく理解していない方は多いでしょう。

老化が進むメカニズムですが、紫外線が肌に当たると活性酸素を増やし酸化して老化が進みます。これを「光老化」とよび女性の肌の老化で最大の敵でもあります。紫外線を浴びると皮膚の表面は軽く火傷した状態になり、メラニン色素が活発になり色が濃くなります。さらに皮膚がダメージを受けないように厚みを増してしまい、弾力不足、シミ、しわ、たるみなどの老化症状が進んでしまうのです。

さらに見えない肌の角質層内ではコラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分を分解してしまうため、紫外線は日焼けだけでなく肌の奥からも老化を進めるダメージを与えているのです。

 対策: 光老化を防ぐためにはUVクリームなどの日焼け対策が一番重要になります。季節に関係なく外出するときは必ず日焼け止めクリームを使うこと。さらにコツとしては皮膚だけでなく「目」から入ってくる紫外線にも注意が必要です。

目から入ってきた紫外線は、皮膚を通すよりも体内でメラニンの増加が多いともいわれていますので、日差しが強い時はサングラスをつけること。目の周辺は皮膚が弱く紫外線の刺激を強く受けやすい部分なので乾燥やシミにも注意が必要です。顔のなかでもとくに老化が進みやすい目の周辺、サングラスを使うことはアンチエイジングにもメリットがあります。

活性酸素による肌の老化・生活内での落とし穴はあちこちに

女性の肌の老化原因になる活性酸素ですが、最近健康ブームになり活性酸素対策が浸透してきていますよね。肌の老化対策としても大切なことで活性酸素がどのように発生して肌にダメージを与えるのか、からくりについて詳しくみていきます。

肌の「酸化」による老化は簡単に説明すると肌細胞が錆ついてしまうこと。活性酸素は人間が生きるために重要なもので体内でウイルスや菌を殺す作用を持っています。この大切な活性酸素ですが、肌の老化や健康被害になるとされるのが過剰に増えてしまった場合。増えすぎると活性酸素は正常な細胞まで退治してしまい老朽化させてしまいます。血管の働きが低下して細胞の新陳代謝が乱れはじめ、細胞が錆びつきもろくなっていくのです。

では活性酸素はどうやって増加するのかという点が気になるところ。一番多いのは紫外線に当たることで、メラニンが活発になり肌のターンオーバーが不安定になりシミや乾燥肌を招きます。ほかにもストレスや飲酒、喫煙、食生活の乱れ、加齢などあらゆる要因があるので注意が必要です。

 対策: 活性酸素を完全に取り除くことは不可能なので、活性酸素を除去する働きを持つ抗酸化作用の強いものを取り入れることが大切です。抗酸化作用があるものはビタミンE、ビタミンC、ポリフェノールなど。これらの成分が配合されたアンチエイジング化粧品を使い毎日細胞を活性化すること。そして体内からも活性酸素を除去するために、緑黄色野菜などの抗酸化作用の高い食べ物や飲み物を意識するとよいでしょう。

タンパク質が糖と結びつく肌の糖化による老化

肌の「糖化」は老化原因のひとつで、プライパンでホットケーキを焼いた時に生地が焦げるようなことが肌でも起こっています。体内の血液中に糖が増加するとタンパク質と糖が結合して「AGEs」という終末糖化産物を作り出します。この物質は老化を促進させる作用があり、強い毒性を持っていることも特徴です。

AGEsは肌のくすみ原因で、この物質が増えてしまうのは食生活が大きな理由になります。美肌に大切なコラーゲンやエラスチンなどは実はタンパク質のひとつ。そのため糖化して働きが低下するものの対象になりますので、老化症状の悪化に注意が必要なのです。

たとえば唐揚げ、とんかつなどの動物性タンパク質の多い食べ物にはAGEsが多く含まれ、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの働きが低下してハリ不足や乾燥を招いています。タンパク質はもともと体にある大切なもの、しかし過剰な糖が体内に入ると糖化が進みます。血糖値が高くなるほど糖化リスクが上がるため、普段の食べ物はとくに注意が必要なのです。

 対策: 甘いお菓子、揚げ物、肉類の脂質などは糖化を促進する食べ物なので摂取量を控えましょう。肌だけでなく健康被害も多いので注意が必要です。

またAGEsが作られやすい調理方法があり、オーブン料理や揚げ物、炒めものは糖化のリスクが高くなります。料理を作る際は茹でる、蒸す方法を心がけ、なるべく油を使用しないよう意識してください。糖化を防ぐ食べ物には食物繊維や野菜類、ポリフェノールの多い食べもの、健康茶なども良いといわれています。

誰にでも起こりやすい乾燥による肌の老化

表面がかさつきひどい場合は粉をふいたようになる乾燥肌。ちょっとスキンケアを手抜きしただけで乾燥が進みやすい年齢肌は、肌のコンディションを整えるだけでなく、老化予防としても乾燥には注意しないといけません。

肌はあらゆる老化原因があり、その原因をさらに悪化させるプラス要因になることが乾燥です。習慣的に乾燥状態が続くと表皮だけでなく奥の真皮層にもダメージがかかり、シミ、しわ、ほうれい線、たるみなどあらゆる老化症状のきっかけになってしまいます。

表皮には天然保湿因子や細胞間脂質などの潤いを維持する成分があり、内部の潤いを閉じ込めて外部の刺激から肌を守っています。肌は20代後半になるとこれらの成分量が低下し、肌のターンオーバーが不安定になりはじめます。するとバリア機能が乱れ水分が外に逃げやすくなり乾燥が進んでしまいます。ハリを作るコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸なども弱くなり肌全体の働きが低下するのです。

 対策: まず見直したいのは刺激の強い基礎化粧品です。化粧水でヒリヒリ感が残るものなどは肌のバリア機能を低下させ乾燥を進める原因。またクレンジングや洗顔時の無理な摩擦も肌に負担をかけ大切な皮脂までなくしてしまいます。

そしてよくあるのが保湿ケアがきちんとできていないパターン。化粧水だけで肌を整える人は水分が蒸発してしっかり乾燥予防ができていない可能性があります。乾燥しやすい人、かさつきが気になる肌、冬などはとくに保湿ケアを念入りにすることがポイント。化粧水の後はクリームや乳液で潤いに蓋をしてください。

40代以降は注意・女性ホルモンの低下による肌の老化

女性ホルモンは一生大量に分泌されるわけではありません。40代を過ぎると徐々にホルモン分泌量が低下して、肌にも影響を与え老化原因になります。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンのふたつがあり卵巣から分泌されています。40代を過ぎると徐々に卵巣の働きが低下してホルモン量が減るため肌の働きにも影響があります。

エストロゲンは真皮層のコラーゲン生成をサポートする働きがありますので、女性ホルモン量が低下するとハリ不足やシワなどの老化症状につながるのです。逆にプロゲステロンは皮脂量を増やしたりメラニン色素の働きを活発にする特徴がありますので、大人ニキビや乾燥肌などの原因になります。加齢はホルモンバランスを崩す最大の理由。それ以外にも睡眠不足や食生活、ストレスなどもホルモン生成に悪影響を与えるので注意しないといけません。

 対策: 女性ホルモンを増やすためには大豆のイソフラボンがとても効果的といわれています。イソフラボンはエストロゲンと似た働きを持ちアンチエイジングにもメリットがあります。大豆といえば豆腐や納豆、きなこなどの食べ物がありますので不足しないように栄養バランスを整えてください。

またストレスもホルモンバランスを崩す原因です。リラックスできる生活習慣を心がけ趣味の時間、運動時間を増やすなど健康的で規則正しい生活リズムを心がけてください。女性の肌はホルモンの働きをターゲットにすることもアンチエイジングでは重要です。

肌の疲れ?血管の疲労は老化を進める原因

体の老化は筋肉疲労だけでなく血管の疲労もあり、なんとなく肌の疲れを感じる時は老化が進みやすいサインなので注意が必要です。老化は見た目だけでの問題でなく体内で起こっていることもあらゆる影響を与えます。とくに血管やリンパ管の老化は全身に張り巡らせているものなので肌や健康上にも密接な関係があります。

肌に影響を与えるものが毛細血管、栄養を運ぶ大切な働きがある毛細血管が老化すると肌の栄養不足状態に。加齢とともに体が老化すると一緒に毛細血管も老化しています。さらにストレスや紫外線なども血管とリンパ管の老化原因、食生活の乱れ、運動不足なども原因になりますので健康生活を意識して美肌にもアプローチすることがよいでしょう。

リンパ管は体内の老廃物を運ぶ大切な役目がありますので、リンパの流れが滞ると肌の乾燥、むくみ、くすみなどの老化症状を進める要因になります。

 対策: 血管を若返らせるには生活習慣と食生活の改善が必要です。脂質や糖質の過剰摂取を控えること血液の流れを循環にする野菜類などを意識すること。また筋肉の劣化と同様に血管も使わないと働きが低下してしまいます。

そこで始めたいのが内皮細胞を活性化する血管の若返り運動です。効果をもたらすものは有酸素運動ウォーキングやジョギング、また水泳なども脂肪を燃焼し血行を促進します。何もしなくても血管はどんどん老化しますので、そのスピードに歯止めをかけることが肌の老化予防にも大切。運動不足の方はまずストレッチでもいいので体を動かす習慣をはじめてください。

 

コメントは受け付けていません。